低用量ピル服用ガイド

低用量ピルの服用についてのガイドラインを提示する当サイト。低用量ピルは決して気軽な気持ちで飲んではいけません。その服用の理由を正しく理解し、正しい使用方法を守らないと大変な事態にもなりえます。

低用量ピル服用ガイド

計算して中に出すより低用量ピルを飲もう

大事なパートナーとのセックスはコンドームなしでしたい・・・という思いを持つ女性は多いものです。
コンドームはゴムでできていますので熱を通さないという働きがあり、セックスの際に温もりを感じにくいという欠点があります。
人生設計上まだ妊娠はしたくないけれど、彼を生で受け入れたい、そう考える女性はオギノ式などの避妊法を用いられる方もいます。
基礎体温を測って排卵日を予測し、その日のセックスを避けるというオギノ式は避妊成功率が低く、この方法のみで避妊をするのは余りにもリスキーです。

コンドームよりも確実で、さらに中に出すことができるのが低用量ピルを使った避妊法です。
低用量ピルはホルモン剤の一種で服用することで、中出ししても避妊をすることができる優れた避妊法になります。
日本ではまだピルを日常的に服用している方の割合は低いのですが、欧米ではごく一般的に女性に利用されている薬です。
ヨーロッパ全体では30%、ドイツでは60%の女性がこうした低用量ピルとともに生活を送っているのです。
このように安全性が高いピルですが、避妊の成功率は98%以上とほぼ完璧な避妊を行うことができます。
パートナーとのぬくもりある愛情あふれるひとときを演出しながらしっかりと避妊をして、人生計画も守ることができるという優れた薬です。

ただしピルは正しい服用をしないと効果を得ることができません。
21錠タイプ、28錠タイプそれぞれのシートの飲み方を確認して正しく飲み忘れのないように利用しましょう。
また低用量ピルは高い避妊率を誇りますが、性病などの予防効果はありませんので、性病予防も同時に行うためにはコンドームの併用も検討するのが安心です。