低用量ピル服用ガイド

低用量ピルの服用についてのガイドラインを提示する当サイト。低用量ピルは決して気軽な気持ちで飲んではいけません。その服用の理由を正しく理解し、正しい使用方法を守らないと大変な事態にもなりえます。

低用量ピル服用ガイド

低用量ピルで避妊と月経コントロール

女性ホルモンが含まれている低用量ピルを服用することにより避妊と月経コントロールが可能になります。毎日1回低用量ピルを服用することにより排卵を抑制することができます。排卵を抑制するため、子宮内膜の増殖も抑えられます。低用量ピルには、エストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンが配合されています。そのため、服用することにより、脳下垂体が実際には妊娠していないにもかかわらず、妊娠したと感知してしまい、排卵を促す際に必要なホルモンdねある黄体化ホルモンの分泌が抑制され、休眠した状態になります。服用を中止すれば、妊娠状態が終了したと脳下垂体が感知するため、再び排卵を促すようになります。妊娠したくなった場合には、服用を中止することで排卵が再開し、妊娠できる状態に戻ります。
低用量ピルは、コンドームよりも避妊効果が高く、正しく服用することによりほぼ100%確実に避妊が可能になります。IUDや不妊手術も同じくらい確実な避妊方法ですが、出産経験のない人には適しておらず、出産経験のない人でも安全性の高い避妊方法が低用量ピルの利用です。
また、月経コントロールのメリットとして、月経痛の軽減や出血量の減少、生理周期の安定などがあります。通常、増殖した子宮内膜の中には、プロスタグランジンとよばれる子宮収縮を促し痛みを引き起こす物質が含まれています。低用量ピルに含まれているホルモンは、子宮内膜の増殖を抑えることができるため、通常の月経に比べると痛みが軽減し、出血量も減少するようになります。さらに、月経を早めたり、遅らせることも可能になります。ただし、調整方法によっては間に合わなかったり、月経が飛んでしまうこともあるため、医師に相談する必要があります。