低用量ピル服用ガイド

低用量ピルの服用についてのガイドラインを提示する当サイト。低用量ピルは決して気軽な気持ちで飲んではいけません。その服用の理由を正しく理解し、正しい使用方法を守らないと大変な事態にもなりえます。

低用量ピル服用ガイド

低容量ピルと他の薬との相互作用

低用量ピルとは卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含んだ避妊薬になります。服用することによって排卵を抑制し、子宮内膜を変化させて受精卵を着床させにくくし、子宮頸管の粘膜を変化させることによって正視を子宮に入り難くするという仕組みです。
高い避妊率と生理周期をずらすことができる、生理周期が整うなどのメリットがありますが、気をつけなければならないのとのひとつがほかの薬のとの相互作用です。
複数の薬を同時に服用してしまうと作用が低下したり、増強したりしてしまうのです。低用量ピルは基本的に一般的な市販薬について相互作用のある薬はないとされています。サプリメントではセント・ジョーンズ・ワートを含んでいると低用量ピルの吸収を悪くしてしまう作用があるためサプリメントを摂取するときには注意が必要です。
病院で処方される内服薬として気をつけたいのが、抗痙攣薬、睡眠薬の一種であるバルビツール酸誘導体、抗生物質や免疫抑制薬の一部などが薬物相互作用があるとされています。特に気をつけたいのが比較的処方されやすいテトラサイクリン系抗生物質とペニシリン系抗生物質になります。低用量ピルを服用している時はきちんと医師に報告して処方してもらわないようにすることが大切です。
多くの場合、同時に服用しても薬物相互作用の出ないほかの薬を使うことができます。
糖尿病や心臓、肝臓、腎臓に使われる薬、子宮がんや乳がんなどの治療に使われる薬はピルの効果を増強させてしまったり減弱させてしまう恐れが合ったり、ホルモン剤との併用が禁止であったりするためピルを飲むことはできないとされています。
自分の体調や症状を考えて、ピルの服用は可能かどうかをきちんと医師に相談してから服用することが重要です。
★デリケートなお悩みを解決!
トリキュラー活用ガイド -飲み方から通販の最安値まで網羅
★セットでお得に買う
アイピルは世界中で使用されている